Web Analytics Made Easy - StatCounter

一人旅・スノボ・起業ブログ

40歳で脱サラし長野へ移住、仕事、一人旅、スノボ

2022-01-01から1年間の記事一覧

白馬さのさかスキー場、1日前倒しで12月22日プレオープンが決定、hakubavalley残りは鹿島槍のみ

白馬さのさかスキー場が、本日2022年12月22日(木)急遽プレオープン、2シーズンぶりの営業がスタートしました。

シーズンインは本日オープンの白馬岩岳スノーフィールド、初日から脇パウで今後の降りに期待

2022年12月16日オープンとなった、白馬岩岳スノーフィールド。コースは2本でも、初日から脇パウが楽しめ、個人的には最高のシーズンインとなりました。

16日のオープンが延期となった さのさか・爺ガ岳、Hakuba Valleyの稼働スキー場は現在4つ

2022年12月16日(金)オープン予定の、さのさかスキー場・爺ガ岳スキー場 ともにオープン延期が決まりました。

白馬五竜は9日朝、八方尾根は9日午後、47は10日、Hakuba Valleyで3つのスキー場がオープン決定

雪不足のHakuba Valley、急遽3つのスキー場がオープン・予定となりました。

12月に入っても雪不足の白馬村・Hakuba Valley、10スキー場のオープン日まとめ

早ければ11月下旬あたりからオープンが始まる白馬村周辺のスキー場(Hakuba Valley)、2023シーズンは雪不足の影響を受け、いまだにオープンできずにいます。Hakuba Valley・10スキー場の状況、オープン日について北から順にまとめました。

松本市内の対象施設に泊まると、5,000円お得になる「まつもと冬割キャンペーン」が12月1日よりスタート

松本市内の対象施設に泊まると、5,000円お得になる「まつもと冬割キャンペーン」が12月1日よりスタートします。宿泊で1人1泊3,000円の割引+2,000円のデジタルクーポンがもらえるので、実質5,000円安く宿泊することができます。

ウェルカム信州アクティビティ割、2023シーズンは12月15日よりスタート。リフト券が最大50%OFF

2023シーズンも、ウェルカム信州アクティビティ割が実施されます。対象期間は令和4年12月15日(木)~ 令和5年3月13日(月)(※12月29日~1月9日は除外)。 リフト券、体験、アクティビティが対象で、最大50%OFFとなります。

白馬さのさかスキー場・営業状況が判明、12月16日OPEN、リフトは2本、1日券3,000円

白馬さのさかスキー場の公式HPが更新され、2023シーズンの営業情報が明らかになりました。

「スキー場は夏に儲けろ!」夏の方が客が多い岩岳マウンテンリゾート、人を呼ぶ仕掛けがわかる一冊

長野県白馬村にある岩岳マウンテンリゾートの社長、和田寛氏の本が2022年11月14日に発売されました。

GoPro11購入レビュー、最安値は公式サイト、バッテリー2個付きのアクセサリーキット58,000円がオススメ

2022年9月に発売されたGoProの最新機である「GoPro Hero 11 Black」定価78,000、購入するにあたり、一番安く買えるのはどこか?いくらで買えるのか?調べてみたのでご紹介します。

スノボ用品をメルカリで処分して46万円。リセールバリューの高いBURTONは買う・売るどちらもオススメ

古くなったスノボ道具はメルカリで売却、その売上で新しい道具を購入するようにしています。メルカリ・ヤフオクでの累計売上額が70万を超えたのですが、その半分以上がスノボ関連です。

毎月5,000円、つみたてNISAを始めて4年でいくらになったのか?経過報告③

つみたてNISAを始めて4年、毎月5,000円を投資に回しています。 極度の円安の中、4年が経過していくらになっているのか? 実際の金額をご紹介します。

紅葉が進む北アルプス、3週間前と写真で比較(2022年10月20日撮影)

三段紅葉(雪・紅・緑)が見られる白馬村、北アルプス。 今日(2022年10月20日)撮影した画像と、3週間前の画像を比べると色づきが進んでいます。

新潟県限定スキー場 共通シーズンパス 10月24日より30枚限定販売

新潟県スキー場・全16カ所で使える共通シーズン券「新潟県限定スキー場 共通シーズンパス」が10月24日より30枚限定で発売が開始されます。

2023 BURTON・バインディング、価格・種類 ラインナップについて

スノーボード・バインディングの買替を検討中、BURTONで考えているので、2023シーズンのラインナップと共にご紹介します。

鹿島槍スキー場追加情報、コースマップが更新され、5Pリフト廃止でコースは大幅に縮小

鹿島槍スキー場追加情報、2023シーズンのコースマップがUPされました。前回時点では、第5ペアリフトが営業見合わせと案内されていましたが、コースマップを見るとやはり2023シーズンの運休は確定の様です。

19のスキー場で滑れる2023、スノーリゾートクラブは10月5日開始、価格据え置きの58,000円

全国(北海道・岩手・山形・福島・群馬・新潟・長野・岐阜)、19のスキー場が滑れる「スノーリゾートクラブ」、共通シーズン券は2022年10月5日(水)から発売開始となります。昨シーズンと比べ、価格は据え置きとなりましたが、対象スキー場が3つ減りました…

ストックフォトを実践中(PIXTA/4年、写真AC/1年半)実際に稼いだ金額がこちら

趣味の写真をストックフォトに登録し約4年、いくら稼げたのか?実際の金額をご紹介します。PIXTA(ピクスタ)/4年・写真AC/1年半

改悪が進む鹿島槍スキー場2023シーズン、5Pリフトも廃止?子供向けゲレンデに特化?

鹿島槍スキー場の2023シーズンの営業内容に関して、10月5日付でHPにアナウンスされました。

アースホッパー追加情報③、提携スキー場が2つ追加(ちくさ高原/ハチ・ハチ北高原スキー場)

アースホッパー追加情報③、10月4日付で2つのスキー場が追加されました。10月4日追加スキー場、ちくさ高原スキー場、ハチ・ハチ北高原スキー場

志賀高原・野沢温泉共通「BIG 2 PASS」、6,000円UPの89,000円、1,000枚限定10月5日発売開始

志賀高原・野沢温泉共通2023シーズン券「BIG 2 PASS」は89,000円、先着1,000枚限定で10月5日(水)発売開始となります。

⽩⾺岩岳 2023早割シーズン券は10月1日発売開始、3,000円UPの37,000円

白馬岩岳スノーフィールド 2023早割シーズン券は10月1日から発売が開始されます。価格は昨シーズンより3,000円UPの37,000円です。

平野歩夢特別モデル「CUSTOM WINNING LTD」限定30本、ヤフオクにて転売・110万円で落札

BURTON所属のライダーである平野歩夢が監修した特別モデル「CUSTOM WINNING LTD」が9月22日30本限定で発売されました。

2年ぶりの金沢・片町一人飲み、訪問予定の候補店ラインナップ

10月に2年ぶりに金沢・片町での一人飲みに行くことにしました。 いきあたりばったりもいいのですが、今回は行きたいお店を下調べした上で、効率よく回ることにします。 金沢への旅行や訪問を考えている人は参考にしていただければと思います。

白馬さのさかスキー場、2023シーズンのOPENが決定?譲渡先は不動産開発会社の株式会社プラネット

2022シーズンは営業を停止していた白馬さのさかスキー場、新しい運営会社が決まり2023シーズンは営業に向けて動き出した様子。 2022年9月17日毎日新聞に記事が掲載されましたので、再OPENは間違いないと思われます。 譲渡先は株式会社プラネットという不動産…

⻑野県北部の4スキー場共通シーズン券、「野沢・斑尾・⼾隠共通シーズン券」83,000円

⻑野県北部にある4つのスキー場共通シーズン券「野沢・斑尾・⼾隠共通シーズン券」が発売開始となりました。価格は83,000円のワンプランのみ。

八方尾根シーズン券は10月1日~70,000円。39歳以上は割高の価格帯については賛否両論の声も

八方尾根スキー場の2023年度シーズン券は10月1日発売開始、早割料金は70,000円~。 2022シーズンと比較すると、料金が値上げとなり、カテゴリーの対象年齢が変更となりました。(シニアは廃止)

⽩⾺岩岳マウンテンリゾート、2年後(2024年12月)に新ゴンドラリフト導入について

⽩⾺岩岳マウンテンリゾートは21億円を投資し、新規ゴンドラを2年後の2024年12月に導入することが発表され話題となっています。 ハクババレーのスキー場の中で最も勢いが感じられるスキー場である、⽩⾺岩岳マウンテンリゾート。 マウンテンハーバーや、巨大…

「オグナほたか」が追加!POWDER5 ぐんま「共通シーズンパスポート」は10月1日~先着40名のみ

「POWDER4 共通シーズンパスポート」に、オグナほたかスキー場が加わり、「POWDER5 共通シーズンパスポート」として10月1日から先着40名の限定販売。

アースホッパー追加情報、9月6日付で開田高原マイアスキー場が除外となり、提携スキー場が1つ減少

アースホッパーに追加情報です。9月6日付で開田高原マイアスキー場が除外となりました。 9月1日付でスキー場が3つ増加となったばかり、シーズンが始まるまでにまだまだ動きがありそうです。