人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スノボだけが生き甲斐の無職男 ノンフィクションブログ。

パウダーが楽しめるお薦めゲレンデ! 東北エリア

ツリーラン

ツリーラン

長時間のハイクアップが必要なバックカントリーよりも、リフトを使って何本も滑ることができる、

 

「ゲレンデパウダー」

 

の方が好きです。

 

新雪が積もりやすくパウダーを開放しているスキー場を調べます。

 

実際滑ってみて、パウダーが食えると感じたら、集中的に滑るようにしています。

 

今回は、実際に滑ってみてパウダーが楽しめるスキー場を紹介します。

 

 

 

今回は東北エリアの紹介です。

 

  1. 夏油高原スキー場
  2. アルツ磐梯スキー場
  3. グランデコスノーリゾート

 

 

 

 

・夏油高原スキー場

geto8.com

 

岩手県北上市にあるスキー場です。

 

このスキー場はパウダーを全面的に押し出しており、積雪も豊富でパウダーを楽しむことができました。

 

夏油高原スキー場 お薦めパウダーエリア

夏油高原スキー場 お薦めパウダーエリア

 中でも赤丸で囲った部分がそれぞれ、パウダーが楽しめるエリアです。

 

私が滑っていた4,5年前より、パウダー開放ゾーンが年々増えてきており、今シーズンは更に、新滑走エリアが増える予定みたいです。

 

パウダーに特化し、スキー場側も安全性を確認しながら開放エリアを年々広げており、素晴らしい取り組みです。

 

ゴンドラが2基ありますが、休日はゴンドラに乗るのも時間がかかります。

 

ゴンドラで上まで行けば、クワッドリフトで回すこともできるので、ゴンドラ待ちを回避する事もできます。

 

「シューター」、「サミット」、「ビーチ」、「ストリーム」、「ラビット」、「C1」、「C5」が非圧雪エリアです。

 

パウダーエリアはヘルメット着用が義務付けられているので、忘れずに持っていきましょう。

 

 

 

・ アルツ磐梯スキー場

www.alts.co.jp

 

福島県、磐梯山の裾野にあり、人気ランキング上位のスキー場です。

高速降りて20分道路も広く車で行きやすい所も特徴です。

アルツ磐梯スキー場

アルツ磐梯スキー場

人気のスキー場なのでツアー客も多く、週末は混雑します。到着が遅れると遠くの駐車場に止めてバスで移動する事になるので、早めの到着がお薦めです。

 

ゲレンデの下の方は初心者向け、流せるパークも充実しており、初心者からパークを楽しむ人が多い印象です。

 

アルツの駐車場を歩いていると、茨城ナンバーの車をよく見かけます。そのためか北関東のゲレンデでよく見かける、グラトリ好きな人が多いように感じます。

 

初心者のグラトリ好きはかなり迷惑です。

 

せまいコースでもいきなり回転しだしたり、飛び上がって転んだりで、とても危ないです。

 

広い斜面で人が周りにいない状況なら構いませんが、状況を理解できていない初心者はお構いなしでグルグル、ピョンピョンしているので、滑る際には注意が必要です。

 

 ゲレンデの上の方は、中、上級社向けの斜度でキツめのコースが多く、ゲレンデ右側がパウダーエリアとなっています。

 

パウダー狙いのお客さんは、クワッドリフトを降り、そこから右へ右へリフトを乗り継ぎ移動していきます。

 

黄色の部分がパウダーエリアで、多い時には50cmぐらい積もる場合もありました。

 

スピードに乗ってパウダーに突入しても、雪が軽いので、抵抗が少なく、サラサラな上質パウダーが楽しめます。

 

コースとコースの間の森の中滑走エリア外ですが、新雪が豊富に積もっているので、ツリーランをしている人もたくさんいました。(パトロールに見つかると怒られると思いますが・・・)

 

パウダー狙いの人も多く週末はリフトが動き出す前から並び始め、10時ぐらいにはパウダーは食い尽くされてしまいます。

 

なので朝一から行かないとパウダーは味わえません。リフト開始前に到着できない場合はパウダーはあきらめましょう。

 

このゲレンデも規制が多いのですが、規制をなくした時にはかなりパウダーゲレンデとしてのスペックが高いと思います。

 

森の中も木と木の間隔が広いのでツリーランにも問題なく、広大な斜面を滑ることができるからです。

 

雪崩や安全性の問題もあると思いますが、個人的にはもっと開放してほしいなと思いますが・・・

 

施設も充実しており、特に本格的なカレーは美味しくてお薦めです。(週末のレストランは座席の確保が難しいぐらい込み合います)

 

個人的には、屋台のチキンケバブが一番美味しくて好きなんですが!

 

 

 

・グランデコスノーリゾート

www.grandeco.com

 

福島県裏磐梯にあるスキー場です。

 

高速を降りてから24Km狭く曲がった下道を30分以上は運転しなければならず、運転に慣れていないとアクセスはしにくいと思います。

 

東急系列のリゾートスキー場なので、キッズパーク託児所があり、子供連れ親子でも楽しめるスキー場です。

 

グランデコ

グランデコ

ファミリー向け、初心者向けの印象が強いですが、実はパウダーが滑れるパウダー好きにはたまらないスキー場なのです。

 

ゴンドラ、3クワッドリフトをのり頂上へ行きます。

 

3クワッドリフト、4クワッドリフトの周辺までがパウダーを滑れるエリアです。

 

ただし基本的には圧雪はされているので、ゲレンデの端に残ったパウダーを攻めますが、意外にコース際に残っており、パウダー好きが少ないせいか、競争率がとても低いのでお薦めです!

 

また、規制されていないリフト線下などは、圧雪されていないので、パウダーを楽しめます

 

黄色で色付けしたエリアはコース外です。

 

コース外なのですが、森の中の木の間隔が広く、ツリーランを楽しめてしまいます。かなりの人が滑っており、滑走跡が何本もありますが、あくまでもコース外なので、パトロールに見つかるとかなり怒られます。(怒られました・・・)

 

こんなにいいパウダーエリアがあるのに、とてももったいない・・・

 

長い距離のツリーランができ、危険も少ないので、このエリアを開放し、滑れるようになれば一気にパウダーゲレンデとしてお客さんを呼び込めることができると思うのですが・・・

 

コース中腹でもコースとコースの間の森の中はツリーランが楽しめるので、斜面の上から、ゴンドラに乗りながら、コースを見てパウダーを狙ってみるのもいいかもしれません。

 

今回は東北エリアの実際に滑ってみて、パウダーが楽しめたスキー場を紹介しました。

 

昨シーズンは暖冬で雪が降らずに、消化不良の年でした。

 

今シーズンは雪がたくさん降ることを願って、シーズンインまで2カ月、妄想を膨らましていきたいと思います。