人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スノボだけが生き甲斐の無職男 ノンフィクションブログ。

パウダーが楽しめるお薦めゲレンデ! 白馬村 エイブル白馬五竜スキー場

エイブル白馬五竜スキー場

エイブル白馬五竜スキー場

 

HAKUBA VALLEY」

 

長野県北部の北アルプス山麓に位置する白馬村/小谷村/大町市の総称で、10のスキー場をまとめてこう呼んでいます。

 

www.hakubavalley.jp

 

各スキー場の垣根を越えて、 IC リフトチケット、共通⾃動改札システムの導⼊、エリア内各スキー場をつなぐ シャトルバスを導入するなどして、一大リゾート化を目指しています。

 

 

 

白馬のスキー場はどこもパウダーが楽しめますが、その中でも個人的に好きな、パウダーが楽しめるお薦めスキー場が、

 

「エイブル白馬五竜スキー場」

 

www.hakubaescal.com

 

このスキー場は、五竜スキー場47スキー場2つが繋がっており、規模の大きなスキー場です。

 

 

五竜はフリーラン、パウダー狙い、47はハーフパイプが常設してあり、パークで遊ぶ等、それぞれ特徴を打ち出しており、雪の状態や季節によっていろいろ楽しめるスキー場でもあります。

 

 

今回は、五竜スキー場の紹介です。

五竜 ゲレンデマップ

五竜 ゲレンデマップ

ゲレンデに非圧雪部分が多くあり、斜度がきつめなコースが多いので、深いパウダーでも板が止まることなく、滑りやすいスキー場です。

 

 

黄色で色付けした部分がパウダーが滑れるエリアです。

 

朝一は、ゴンドラで上に上がり、

 

「アルプス第3ペアリフト」周辺の非圧雪エリアのパウダー狙い

 

「アルプス第4ペアリフト」左の非圧雪エリアのパウダー狙い

 

「チャンピオンエキスパートコース」パウダー狙い

 

 

この3つがお薦めです。

 

 

 

「チャンピオンエキスパートコース」は降雪が多いと、クローズしている時も多く、ゴンドラから降りて、コースがクローズしていたらアウトです。

 

そのまま降りて、再度ゴンドラで上に上がる頃にはアルプスの非圧雪エリアは食い尽くされてしまっているので、コース情報は事前に確認が必要です。

 

 

「アルプス第3ペアリフト」周辺の非圧雪エリアは、林もあり、ツリーランも楽しめます。

 

広大な一枚バーンで朝一のパウダーは最高に気持ちがいいです。

 

 

 

「アルプス第4ペアリフト」左の非圧雪エリアは、リフトを降りて途中緩やかな斜面が続きますので、パウダーにチャレンジしたい、慣れていない方には滑りやすいと思います。

 

 

「チャンピオンエキスパートコース」は、コース幅は狭いですが、滑走距離が長く、斜度もきついので、スピードを出してパウダーを思う存分攻められ、一番好きなコースです。

 

スピードが出せるので、ターンごとに大きなスプレーを上げられ、爽快で深いパウダーを楽しめます。

 

 

気温が高く重めのパウダーの時は、抵抗がきつくなるので足がパンパンになります。

 

このコースは競争率が非常に高くアッという間に食い尽くされてしまうので、1,2本滑ることができればOKという感じで狙いましょう。

 

クレイジーな外国人や上級者がかっ飛ばしているので、注意が必要です。

 

また、パウダーが食い尽くされた後は、凸凹の斜面になり、スノボで降りるのは苦労するほどのコブコブ斜面になるので、ゴンドラ乗車時に斜面の状況を確認してコースに入った方がいいと思います。

 

 

「いいもりゲレンデ」にもパウダーが滑れる斜面があります。

 

コスモフォーリフトに乗り、黄色の部分コースの一部を非圧雪で残してくれる時があり、パウダーを楽しめます。

 

いいもりゲレンデに朝一でパウダー狙いの人は少ないので、競争率は低いと思います。

 

 

パウダー狙いで行く場合は、必ず朝一に到着しましょう。

 

 ただし、新雪が多い時はスキー場の安全対策に時間がかかる為、ゴンドラが遅れる事は多いです。到着が遅れても可能性はあるので、確認は必須です。
(11時を過ぎてから動き出したこともあります)

 

ゴンドラ開始前は長蛇の列ができている事も多く、ゴンドラ運航後は1、2時間でメインのコースは食い尽くされてしまいます。

 

コース脇のパウダー狙いであればそこそこ長く楽しめるので、朝一はガッツリパウダーを滑り、その後コース脇の残パウを楽しんではいかがでしょうか!

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村