人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スキー場に勤めていた経験から、スノボに関して日々呟いています。

スノボの修行で ニュージーランド、ワナカへ。3カ月滞在し、その成果とは?

カードローナ スキー場

カードローナ スキー場

 

学生時代スノボを始めて、スノボにハマり、スキー場に4年間篭りました。

 

10年以上前の話になりますが、当時スノボに携わる仕事がしたいと考えるようになり、内定を辞退し大学卒業後フリーター生活を送っていました。

 

 

時間もあるし、何か新しい事にチャレンジしたいと考えていた所、南半球のスキー場では夏でもスノボができるということを知りました

 

 

大学時代もニューヨークバンコクへ旅行し、海外に対する興味が強く、英語も話せるようになりたい、長期滞在もしてみたいと考えていました。

 

 

これはいいきっかけだと思い、海外での長期滞在、スノボ、英語力のレベルアップを図ることができる、ニュージーランドへ行こうと決めました。

 

 

スキー場で長くバイトしていると、様々な環境で生活してきたユニークな友人の輪が広がり、ワーホリ、リゾバ、海外一人旅の達人がたくさんいました。

 

 

その中には、ニュージーランドで篭っていた人も何人かいて、そういった先輩方からニュージーランドにいる知り合いを紹介してもらうことができ、

 

 

「3か月間のスノボ修行に行く事が決定!」

 

 

 

 

飛行機を乗り継ぎ、 ニュージーランドの南島ワナカという人口1,000人ぐらいの田舎町へ着きました。

 

 

この町をベースにして、

 

・トレブルコーン

・カードローナ

 

の2つのスキー場に行き、3カ月間のスノボ修行がスタートしました。

 

 

 

知り合いが紹介してくれた、ニュージーランド人のオーナーが住む一軒家に、5人の日本人との共同生活が始まりました。

 

 

車も2台あり、自由に乗ることができました。

 

 

トレブルコーンはバックカントリーが面白いと聞いていたので、そちらをメインに滑ることにし、シーズン券を購入。

 

 

 

 

 トレブルコーンは、大きな山にリフトがかかっているだけといった感じで、ゴンドラもホテルも無く簡素なスキー場です。

 

カードローナはしっかり整備されたハーフパイプ、ビッグキッカーが常設されており、パークに力を入れている一方、パウダーも楽しめるスキー場です。

 

 

ニュージーランドでは日本のように頻繁には雪が降らないので、雪が降らない=カチカチのアイスバーンとなります。

 

 

アイシーな斜面では、エッジにうまく乗れていないとターンの途中でエッジが抜け、すっころんでしまいます。

 

 

最初の頃は雪が降らずアイスバーンばかりが続くと、滑るのが嫌になりましたが逆に板乗れるようになりいい練習になりました。

 

 

まとまった雪が降った日は、バックカントリーエリアに行き30分程ハイクアップしてパウダーを滑ります。

 

f:id:GORYU:20191116090753j:plain

 

スキー場も最低限の標識と規制があるのみで、バックカントリーエリアは、起伏が激しく、大きな岩や谷も剥き出しのままを滑ることができます。

 

f:id:GORYU:20191116090430j:plain

 

日本のような胸まであるようなパウダーはありませんでしたが、広大なエリア、自然の地形、天然のハーフパイプのような壁や谷に積もった新雪を滑ることが快感となり、パウダーの面白さ気が付きました。

 

f:id:GORYU:20191116090507j:plain

 

ここでパウダーにドはまりし、パウダーが滑りたくて会社まで辞めてしまったので、人生、何がきっかけとなるかわからないものです。

 

f:id:GORYU:20191116090841j:plain

 

 

ワナカの町はかなり狭いので、スーパーも2、3軒しかなく、夕方スーパーに行くと、ウェアを着たままの外国人客でいっぱいです。

 

 

バーも数軒あるだけなので飲みに行けば必ず日本人がいて、仲良くなれます。

 

 

その当時も各国のモーグルチームカナダの金メダリストが普通にバーで飲んでおり、仲良くなって一緒に飲んだり、クイーンズタウンまで遊びに行ったりしてました。

 

 

毎日が楽しすぎて3カ月はあっという間に過ぎ、嫌々ですが帰国となり修行の旅も終わりました。

 

 

自然にあふれ、景色が最高のワナカの町で、いつまでもここで暮らしていたいと思いました。

 

将来的には、老人となったら余生をワナカで過ごしたいと考えています。それ程の思い出の町となりました。

 

 

 

 スノボの成果としては、3カ月間ガッツリ滑ったことでかなりレベルアップしました。

 

 帰国後のバッジテスト1級挑戦についてはこちら 

www.7down-8stand.com

 

 

ハーフパイプのレッスンを受講したり、アイスバーンの斜面を毎日滑ることで前よりも板に乗れるようになり、バランスを崩しても踏ん張ることができ、簡単には転ばなくなりました。

 

 

 

 英語も相手の話している事の7割ほどは聞き取れるようになり、聞き取れた単語を組み合わせ、だいたいの内容は理解できるようになりました。

 

相手の話している内容がわかると、自分が知っている単語を繋げる事で、意思の疎通ができるので、最後の方は電話で予約が取れるぐらい英会話もレベルアップしました。

 

 

 

一人でいる事が好きな性格なので、6人での共同生活に不安を感じていたのですが、全く問題が無く、楽しく過ごすことができました。

 

 

 

ここでの3か月間は今までの人生においても最高の時間となりました。

 

 

 

たくさんの出会いがあり、いろんな経験を得ることができ、人としての幅が広がりました。

 

 

「スノボの上達」+「英語力のUP」+「異文化に触れる」+「人生経験を得られる」

 

 

 「ニュージーランド、ワナカでのスノボ修行」

 

最高にお薦めです!

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村