人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スキー場に勤めていた経験から、スノボに関して日々呟いています。

白馬岩岳 1月28日 レポート

f:id:GORYU:20200128133931j:image

 

関東でも雪が降り、長野県にもまとまった雪が降るとの報道があり、期待を胸にゲレンデへ。

 

 

途中の大町市でも10センチ程度積もっていたので、今日こそは30cm以上のパウダーが滑れるのではと期待が高まります。

 

 

五竜、コルチナ、岩岳とどこのスキー場に行こうかと迷いました。

 

 

五竜:風の影響を受けリフトが止まる事が多く、大雪の日はゴンドラの営業が大幅に遅れることが多い。

 

 

コルチナ:パウダー待ちの客が殺到する恐れがあり、数本滑ってパウダーが滑りつくされてしまう可能性が高い。

 

 

岩岳:強風でもゴンドラが動き、滑れるコースは少ないが、客も少ないのでパウダーが長く残っている可能性が高い。

 

 

ということで、今日は岩岳に行く事に。

 

f:id:GORYU:20200128141803j:plain



ゴンドラを下り、スタッフに聞くと今日も下山コースはクローズとのこと。

 

 

まずは正面の「サウスゲレンデ」へ。

 

 

重めのパウダーが15~20センチ・・・

 

 

予想より少ない・・・

 

 

重めの雪で圧縮された15センチなので板の沈み込みが少なく、底つきもせず、雪の抵抗を感じながら気持ちのいい浮遊感を感じられました。

 

 

前回 6日前に滑った時に比べて、ゲレンデの至る所にポールが立っており規制エリアが増えていました。

 

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

数日前の雨で雪の量が明らかに減っており、溝や土が露出部分が増えていました。

 

 

ガスで視界が悪い事も重なり突然目の前に段差や、穴が現れるので、慎重に滑らないと危険です。

 

 

 

9時過ぎになり、「ノースゲレンデ」「VIWE C」コースがオープン。

 

 

ロープの前でコースが開くのを待っていた客が一気に流れていきます。

 

 

「ノースゲレンデ」は一面パウダー状態で、吹き溜まりには膝ぐらいのパウダーが貯まっている所もありました。

 

 

コース上部はパークとなっているので斜度が緩いのですが、後半は斜度があるのでスピードに乗って浮遊感を得られます。

 

 

 

「VIWE C」

f:id:GORYU:20200128133959j:image

 

斜度もあり、スピードに乗ってパウダーが楽しめましたが、コースの下の方は雪が薄く、規制箇所が増えていました。

 

 

「VIWE B」

f:id:GORYU:20200128134012j:image

 

 前回より、ブッシュの量が増えてますます雪が減っていました。

 

 

「VIWE A」

f:id:GORYU:20200128134052j:image

 

板のダメージ覚悟でしか滑れないぐらいの雪の無さ・・・

 

 

オープンしていたコースは少なかったのですが、客の数も少ないので、11時を超えてもゲレンデの端にはまだまだパウダーが残っていました。

 

 

ゴンドラを下りた時は、予想以上に新雪が少なかったのでテンションが下がりましたが、かなりの本数、距離のパウダーを滑ることができ、気持ちのいい浮遊感を得られ満足できるレベルでした。

 

 

早く下山コースがオープンとなり、ゴンドラで回せるようになるともっと楽しめるゲレンデなので、このまま雪が降り続けて欲しいと思います。

 

(ゲレンデを下りて、白馬村内は既に雨に変わっていましたが・・・)

 

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村