人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

40歳で脱サラ、長野へ移住しスノボ中心の生活を再スタート。スノボに関して思う所を日々呟いています。

2020年4月7日、五竜スキー場は放射冷却で硬めのバーン、カービングボーダーが集合

f:id:GORYU:20200407130422j:image

 

 

先週末で営業終了したスキー場が増え、白馬村のスキー場で 4月7日時点営業しているのは、

 

  • 八方尾根スキー場
  • 白馬五竜・47スキー場
  • 栂池高原スキー場

 

だけとなりました。

  

その中でも、自力で下山できるスキー場は、

 

・白馬五竜・47スキー場

 

のみです。

 

 

今日は「白馬五竜スキー場」へ行く事に。

 

 

 

駐車場に着くと、今までいた誘導係のおっちゃんもいなくなり、さすがにお客さんも減っています。

 

 

今朝は放射冷却で冷えたこともあり、7:00の時点で-3℃。

 

カービング日和です。

 


f:id:GORYU:20200407130409j:image

 

「下山コース」

 

すでに雪は緩んでいますが、上から下までは問題なく滑って降りられそうです。


f:id:GORYU:20200407130711j:image


f:id:GORYU:20200407130510j:image

 

本日も「スノーナビ」のカメラマンが素材撮りの為、とおみゲレンデで待機していました。

 

 

後でどんな写真がUPされているのかチェックしてみたいと思います。

 

https://www.snownavi.com/skireport/goryu47200407/


f:id:GORYU:20200407130525j:image

 

ゴンドラを降りて、「グランプリ」へ。


f:id:GORYU:20200407130517j:image

 

若干デコボコの固めのバーン、エッジもよく噛み、カービングがしやすいコンデションです。

 

今日は、カービングボードや長めの板を履いたキレキレのカービングターンをしている上級者がたくさんいました。

 

そのうちの何割かは五竜のスタッフだと思いますが、それにしても今日はいつもにも増してカービング好きのボーダーが。

 

気持ちのいいカービングをするには、朝一の荒れてない固めのバーンが必要なので、五竜に集中したのかもしれませんが・・・

 

八方もカービングするにはいい斜面が多いのですが、暴走スキーヤーが多く、突然ターン予定の目の前を通過していったりすることも多々あり、八方を嫌うボーダーがまわりには結構います。


f:id:GORYU:20200407130438j:image

 

パウダー狙いで行く非圧雪コースもコブだらけ。

 

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

 

 

五竜から47への連絡コース、「パノラマ」

 
f:id:GORYU:20200407130504j:image

 

まだ荒れてなく圧雪の跡も残っており、気持ち良くカービングが楽しめました。 

 
f:id:GORYU:20200407130447j:image


f:id:GORYU:20200407130359j:image

 

昨日は五竜も強風が吹いており、ゴンドラやリフトが止まっていた為、日曜に降った雪がまだ残っていました。

 
f:id:GORYU:20200407130428j:image

 

ストップ雪になっておりブレーキがかかり滑りにくい・・・

 

f:id:GORYU:20200407140124j:image

 

五竜岳、今日も綺麗です。

 

 

「チャンピオン・ダイナミック」


f:id:GORYU:20200407140129j:image

 

標高を下げるにつれて、雪の緩みも激しく、ザクザクの雪に。


f:id:GORYU:20200407140118j:image


f:id:GORYU:20200407140111j:image

 

林道の「ウッディコース」は雪が途切れる事はありませんが、若干石の混ざっている箇所がありました。

 

 

板を傷つけたくない人は、ゴンドラ下山した方がよさそうです。

 

放射冷却で気温が下がれば、朝一はまだまだカービングが楽しめます。

 

スキー場上部はまだまだ積雪も豊富なので、当分いいコンデションで滑れそうです。

 

 

 

www.7down-8stand.com