人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スキー場に勤めていた経験から、スノボに関して日々呟いています。

ランサーズ、クラウドワークス 1カ月でいくら稼げたか? 記事作成・プロジェクト形式編

f:id:GORYU:20200419104552j:image

 

 

前回、「ランサーズ」、「クラウドワークス」を1カ月実践していくら稼げるかにチャレンジしてみました。

 

 

「タスク形式」という、アンケートや、体験談の書込み等の簡単な作業中心の依頼だけを集中的にやりましたが、全く稼げませんでした・・・

 

 

結果はこちら 

www.7down-8stand.com

 

 

 

 

そこで今回は前回同様、

 

 

【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

 

 

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

 

 

2社の「プロジェクト形式」だけを1カ月実践し、いくら稼げるかに挑戦してみたいと思います。

 

 

 

「プロジェクト形式」とは・・・

 

・クライアントと受注者、一対一で仕事をしていくタイプ

・案件に応募し、クライアントに選ばれると契約を結ぶ

・向いている仕事:ホームページ作成、記事ライティング等

 

 

記事の作成をメインでやることにして、どのような記事作成依頼があるか調べていると、

  

・パチンコ・スロットの記事作成 1文字・0.2円

・【1記事2,000円/3,000文字】ゴルフに関する記事作成 

・【4,000円/2記事/2500文字以上】脱毛サロンに関するサイト記事作成 

・面倒なムダ毛の処理方法  2,000文字・1,000円

 

 

このように様々な内容の記事作成依頼があり、それぞれ1文字の単価や、短文・長文、体験談か情報をまとめた内容か等、条件が細かく分かれています。

 

 

 

例えば体験談の募集記事であれば、自分が経験したことを文章にすればいいので、取り組みやすいと思い、体験談の記事作成を探してみました。

 

 

私は、今までの社会人経験の中で転職経験が多いので、転職に関連した記事を探してみると・・・

 

・「私が体験したブラック企業○○(企業名)の実態」 

・「転職サイトの利用経験談」

・「失業保険をもらうための流れ」

 

等、たくさん見つかりました。

 

 

 

まずは、募集されている案件に対し、

 

「提案する」

 

をクリックし、「提案」のひな型文章があるので、そこに

 

「自己紹介」

「経歴」

「実績」

「自己PRポイント」

 

などを入力します。

 

 

一度文章を作成し登録しておけば、毎回入力する必要がなく楽です。

 

 

後は、クライアントの質問などがある場合は、それに対し返答を書込み、応募は完了です。

 

 

 

自分の「提案が採用」された場合は、契約に進み、金額や提出期限、細かい条件を擦り合わせ、契約を結びます。

 

 

契約を結んでから、ようやく記事の作成に移ることになります。

 

 

ここまで見ると、契約を交わしたりいろいろ面倒だと感じるかもしれませんが、ホームページ上で流れができているので、実際は簡単な作業です。

 

 

ただ、一つの案件に対し、複数の応募者がいるので、まずは採用を勝ち取る必要があります。

 

 

そのため、提案内容は細かく、クライアントの記事に対し、自分のこういった経験を元に記事にできる等、自己PRをしっかりする必要はあると思います。

 

 

 

 

 このように、自分が書ける内容の記事を見つけ、提案(応募)し、契約、記事を作成、納品という作業をひたすら続けます。

 

 

 

 実際に何軒か応募すると、クライアントから連絡が来て契約が取れました。

 

 

「転職のメリット、デメリット」についての記事作成依頼でした。

 

 

・内容(クライアントの意向を確認)

・納品時期

・納品方法(ワード、PDF等)

 

最初にお互いの確認事項を再度確認し、記事作成に移ります。

 

 

クライアントの要望は、「転職して良かった事、悪かったこと、こうしておけばもっとスムーズに進んだことなど、体験談風に詳しく紹介してほしい」とのことでした。

 

 

転職経験回数が多く、面接から退職まで何度も体験してきているので、昔の事を思い出しながら記事にしていくので実体験を元にした記事は比較的簡単にできました。

 

 

一度記事を作成し、何度も推敲を重ね、クライアントに納品します。

 

 

すると、クライアントからOKが出ると、契約終了となり、料金が支払われます。

 

 

この流れをひたすら1カ月間繰り返しました。

 

 

 

1カ月実践してみた結果は・・・

 

 

 

「ランサーズ」

14,912円 5記事 1記事/2,982円

 

 

「クラウドワークス」

16,673円 5記事 1記事/3,335円

 

 

合計 31,585円

 

 

予想していたよりも稼げました。

 

 

 

やはり「プロジェクト形式」「タスク形式」に比べると単価が大きい為、稼げます!

 

 

なかには、4,000文字で8,000円の記事作成もあり、このようなおいしい案件を上手く狙っていけばもっと稼ぐことはできると思います。

 

 

また、1記事作成した後、クライアントからもう一つ作成してくれないかと直接依頼が来ました。

 

 

続けていくと、今よりもっと高条件、直接依頼などが増えていくと思うので、本気で取り組めばそれなりの金額が稼げると思います。

 

 

今回は、1記事作成するのに、6時間ぐらいかかってしまっていたので、時給に換算すると、効率はまだまだ悪いですが・・・

 

 

 

私は今まで記事の作成経験はありません。

 

 

仕事でメールを送る程度しか文章を書くことは無く、自分の文章力でクライアントが満足できるレベルの記事が書けるかかなり不安でした。

 

 

それでも何回も読みなおし、時間をかればそれなりの記事になり、全10記事で全て★5の評価がつきました。

 

 

 

ただのサラリーマンだった素人の記事が、お金に替わる。

 

手元に売る商品がなくでも、自分の体験、経験、知識を売る事ができる。

 

在宅で行う仕事としては簡単で、頑張ればそれなりの金額にまで伸ばせる可能性はあるため、コロナウイルスの影響で仕事が無い人、在宅での仕事を探している人にはおススメだと思います。

 

 

まとめです。

 

 

・「プロジェクト形式」はそれ程難しくない

・記事作成は体験談から始めると書きやすい

・集中的に取り組めば、稼げる

・副業として十分成り立つ可能性がある

 

 やってみると簡単だったので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村