人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

40歳で脱サラ、長野へ移住しスノボ中心の生活を再スタート。スノボに関して思う所を日々呟いています。

金沢へ男の一人旅。金沢は食べて飲むだけでも楽しめる街。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街

 北陸、日本海側というと遠いイメージのある石川県金沢市ですが、北陸新幹線が開通し、東京からは2時間半、大阪からはサンダーバードで2時間40分、どちらも3時間圏内でアクセスできます。

 

以前転勤で金沢には3年住んでいました。適度に都会で、街中を離れると自然が広がり、昔の風情も残っている。生活しやすく、今でも時々行きたくなる大好きな街の一つです。

 

そこで今回は、週末を利用して金沢の繁華街「片町」で久しぶりにまったり飲んでみようと思いドライブも楽しみながら車で行く事に。

  1. ゴーゴーカレー
  2. 秋吉 金沢片町店
  3. いたる 香林坊店
  4. 赤玉 本店
  5. 一喜 片町店
  6. 本家とんとん亭
  7. 8番ラーメン

  

 高速で北陸道を進み、金沢西ICで降り、ホテルを予約した片町を目指します。

 

 片町というのは地名ではなく、赤枠の範囲が通称「片町」と呼ばれています。

 

 

犀川大橋を渡り、香林坊に行くまでの大通りの左右に居酒屋、すし屋、バー、キャバクラなどが密集する北陸地方最大の歓楽街です。

 

福井県にも「片町」、富山県には「桜木町」とそれぞれ呼ばれている歓楽街がありますが、金沢の片町と比べると規模が違います。

 

出張で石川県に行き、上司や取引先と飲む場合はだいたいこの「片町」へ行く事になるので、この周辺のホテルを予約することが多かったです。

 

片町の居酒屋で乾杯し、キャバクラで打ち解け、締めのラーメンを食べ、歩いてホテルに帰る。上司、取引先との接待が完結できるサラリーマンにとって便利な街でもあるのです。

 

 

ホテルにチェックインする前に、「金沢カレー」の代名詞であるゴーゴーカレーへ。

 

ゴーゴーカレー

http://www.gogocurry.com/

 

 今住んでいる所には金沢カレーが食べられる店が無いので、金沢に来ると必ず訪れます。

 

定番の「ロースカツカレー」ではなく、「チキンカツカレー」もオススメです。

 

ドロドロのカレールーは見た目より少ないので、ご飯にかけすぎると後半白飯を福神漬けだけで食べる事になるのでペース配分が重要です。

 

 

 

 

 その後片町で飲む時によく利用していた激安ホテル、「ホテルエコノ金沢片町」へチェックイン。

  

ホテルエコノ金沢片町

https://www.greens.co.jp/kanakata/

 

 

このホテルは昔からよく利用しているホテルですが、片町まで歩いてすぐとアクセスが良く、料金も¥4,000以下と常に激安です。その分施設は古くて部屋も狭いですが、飲んで寝るだけなの人にはオススメのホテルです。

 

 

片町にあるホテル

  • ホテルエコノ 金沢アスパー
  • アパホテル 金沢中央
  • アパヴィラホテル 金沢片町
  • ホテルトラスティ 金沢香林坊
  • 金沢東急ホテル

 

安さを求めるのであれば、系列の「ホテルエコノ金沢アスパー」安く泊まれます。

 

 

 金沢の隣の福井県 ソースカツ丼の名店紹介はこちら 

www.7down-8stand.com

 

  

夕方になり、今回の目的である「一人飲み」に出ます。

  

まずは、1軒目福井県発祥、焼鳥チェーンの「秋吉」。8番ラーメンと並ぶ北陸のソウルフードです。

 

秋吉 金沢片町店

 https://www.akiyoshi.co.jp/

 

 

f:id:GORYU:20191219093234p:plain

 

 秋吉といえば「純けい」が有名ですが、「串カツ」「若どり」もオススメです

 

f:id:GORYU:20191219093348p:plain

 

 

5本で1セットなので、5本単位で店員に注文します。

 

 串に刺したやさしい塩味の「キューリ」。美味しいので自宅でも真似してみるのですが、この柔らかさとコリコリした触感が再現できず・・・

 

 f:id:GORYU:20191219093449p:plain

 

店に入りまとめて注文し、炭火焼で焼きあがったものから順に目の前に並ぶので、短時間でサクッと焼鳥をあてに飲むことができます。

 

  • 福井県 27店舗
  • 石川県 14店舗
  • 富山県 14店舗
  • 東京都 13店舗
  • 大阪府 17店舗

 北陸以外、東京、大阪にもたくさん店舗があるので、訪れてみてはいかがでしょうか?

  

 

2軒目は、老舗居酒屋の「いたる」

 いたる香林坊店

http://www.itaru.ne.jp/kourinbo.htm

 

 人気店なのでダメもとで店をのぞくと、カウンターが空いていたので入店。

 

この店では北陸の新鮮な魚介類を堪能できるので、和食好き、日本酒好きには堪らないお店です。(個人的に生魚が食べれないので火の通った焼魚や漬物、揚げ物メインで注文しています)

 

北陸地方で定番の「白エビの唐揚」を食べると金沢に来たなと感じられます。

 

f:id:GORYU:20191219094458j:plain

 

高級魚のどぐろ、冬にはぶり、メスのセイコガニである香箱蟹、ずわい蟹なども楽しめます。 

 

 

3軒目は金沢おでんで有名な「赤玉」へ。

 赤玉本店

http://www.oden-akadama.com/

 

最近では「金沢おでん」などともてはやされていますが、ただの薄味の出汁のおでんなので個人的には屋台のおでん屋とそんなに違わないと思ってはいるのですが・・・

 

赤玉はおでん以外のメニューも豊富で、カウンターも広く一人でサクッと飲むのに適しています。

 

f:id:GORYU:20191219094828j:plain

 

値段も手ごろで、大根、たまご、豆腐、タケノコ、こんにゃくにビール2杯で2,000円行かない程度の料金なので、3軒目ぐらいにはちょうどいい感じです。

  

 

4軒目はシメのラーメン 「一喜」

一喜片町店

 深夜までやっているラーメン屋で、会社員時代に片町で飲んだ後は必ずこのラーメン屋でシメるというのが上司のお決まりのルーティーンだったので、何となく足が向いてしまいました。

  

メニューも チャーシューラーメン1品のみなので、大人数で行っても注文が楽で便利なお店です。

 

f:id:GORYU:20191219095411j:plain


 懐かしの味を楽しんでホテルへ戻り、一人飲みは終了です。

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

翌朝はホテルでは朝食を取らずにチェックアウト。ランチに向かいます。

 

5軒目 とんかつ屋

 本家とんとん亭

www.tripadvisor.jp

 

金沢駅近く、北安江にあるとんかつの超有名店です。行列必至のお店なので、ホテルで朝食を取らずに並びます。

 

この近くで毎月会議をしており、会議の後は「とんとん亭」でランチを取るのがいつものパターンだったので、思い入れの強いお店の一つです。

 

今世間をお騒がせしている渡部氏の番組「渡部の歩き方」でも取り上げらた程。


土鍋で炊いたご飯、豚汁はお代わり自由、厚みのあるトンカツは柔らかく、さっぱりとしてめちゃくちゃ旨いです。

 

平日のランチは種類も豊富で価格もリーズナブル。かなりオススメです。

 

 

6軒目 北陸のソウルフード ラーメン

8番ラーメン

www.hachiban.jp

 

石川県発祥のラーメンチェーン店。

 

北陸を車で入っていると、至る所にお店があります。

 

味噌ラーメンがメインで、炒めた野菜がたっぷり入っているので、野菜を取る為だけに食べに行く事も。

 

衣の薄い唐揚が美味しく、セットメニューのCセットが個人的には一番のオススメです。

 

専門店のような超美味いラーメン、ここでしか食べられないこだわりのラーメンではないのですが、何度も食べ体が覚えている味、ふとした時に強烈に食べたくなるラーメンです。(他県にいる北陸出身者はこういう意見が多かったです)

 

  • 福井県 28店舗
  • 石川県 50店舗
  • 富山県 33店舗
  • タイ 132店舗

  

何年かぶりに金沢・片町で飲みましたが、人が多すぎず、少し寂れた感じが金沢っぽくて、いい感じでした。

 

片町は寿司屋、居酒屋、バー、キャバクラ、おかまバーなど、種類も店の数も豊富で、男性、女性、一人で気軽に入れるお店が多いです。

 

冬は、カニ、セイコ蟹、氷見の寒ブリ、甘えび、のどぐろなど、北陸特有の魚が楽しめ訪れるには一番いい時期だと思います。

  

観光するわけでもなく、ただひたすら飲んで食べるだけでも楽しめる金沢。

  

一人旅にもお薦めです。

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村