人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スキー場に勤めていた経験から、スノボに関して日々呟いています。

転職活動の始め方、まずは転職サイトに登録、転職成功事例はこちら

 

転職するには何から始めればいいのか?過去に6度の転職経験を基に、最初に行うのは「転職サイトに登録」することをオススメします

 

転職と検索すると、たくさんの転職サイトが出てきます。CMでお馴染みの「ビズリーチ」、「リクナビネクスト」、「マイナビエージェント」などなど・・・

 

「30代に強い」「ハイクラス向け」「女性に強い」など各社特徴があるのでそれらを参考に自分の目指す将来像と照らして登録するといいと思います。

 

・選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

 

・求人数は業界トップクラス、40,000件以上! | 転職エージェントのパソナキャリア|パソナキャリア

 

・外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC Recruitment

 

・転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト

 

・【リクナビNEXT】で転職!

 

 

www.7down-8stand.com

 

私の場合は、転職サイト5社に登録し活動しました。

 

  

転職サイトを使うメリットとしては、

 

  • 登録後自分の興味のある業界、履歴書を見た会社からスカウトが届く
  • 豊富な求人から、転職の選択肢、興味の幅が広がる
  • 仕事をしながら転職活動が進められる
  • 興味のある会社に気軽に応募ができる

 

 

 

自分の経歴をサイトに登録しておくと、それを見て興味を持った会社からスカウトが届くことがあります。

 

リクナビネクストは特にスカウトメールがたくさん届くので、今まで対象外だと思っていた業界や会社の事を知るきっかけにもなり、選択肢の幅が広がります。

 

仕事をしながら、スカウトメールを確認し、興味があれば応募する。書類が通れば面接に進めるので、効率よく活動が行えます。

 

自分の経歴では難しそうなワンランク上の会社にもダメもとで応募ができるのもメリットの一つです。

 

どうせ書類なんか通らない、もし書類が通って面接まで行ければラッキーぐらいの感じでチャレンジできますし、このレベルの会社は書類が通らない、この規模の会社なら面接まで行けるという自分の立ち位置を知るきっかけにも使っていました。

 

登録は無料、面接に合格し入社が決まってもお金は一切かかりません。お金を支払うのはサイトを利用した会社側です。

 

転職サイトを利用する上でのデメリットは特に感じませんでした。

 

 

www.7down-8stand.com

 

実際に転職サイトを利用して転職した事例を紹介します。

 

過去6度の転職の中で、2度転職サイトから応募し、面接を受け、入社した経験があります。

 

【リクナビNEXT】で転職! 

2社内定 1社入社

 

 

求人数は業界トップクラス、40,000件以上! | 転職エージェントのパソナキャリア|パソナキャリア

1社内定 1社入社

 

 

「リクナビネクスト」では、書類が通って面接に臨んだ会社の数は10社以上あります。

面接一回で内定が出る所もあれば、1次、2次、最終面接まで進み結果は×ということもありました。

 

その中でも2社から内定が出て、そのうちの1社に入社しました。

 

なぜこの会社に入社する事になったのか?その経緯をご紹介します。

 

 

当時はスキー場に勤務しながら転職活動をスタート。

 

平均年収が高いという理由だけで転職先を製薬業界に絞り、求人が出ている全ての製薬会社に応募しましたが全く書類が通らず・・・

 

そんな中、とある製薬会社から奇跡的に書類が通り面接まで進むことができました。

 

そこで面接官に言われたことが、「営業経験が足りない為、製薬会社に転職はできないと思うよ」という一言でした。

 

もちろんその製薬会社にも落ちましたが(なぜ面接に呼んだのか・・・)、製薬業界で働く為に自分に何が足りないのか?具体的な解決方法を知る事ができました。

 

営業経験が足りないのであれば営業経験を積むしかない。

 

「営業職に就いて営業を学べる会社」にまずは転職し、営業を学び、その後再度製薬会社にチャレンジしようという自分の中での方向性が決まりました。

 

  • 営業未経験でも募集可能
  • 営業を基礎から学ぶことができる
  • 自社の商品がある製造メーカー

 

この条件に該当する会社を探し、面接を受け、入社することができました。

 

求人を探すときにも、上記のような条件を付けて会社を探すことができるので、効率が良く、自分の理想の条件から会社を選び出す事にも繋がりました。

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

リクナビで入社した会社で営業経験を積み、その1年後に製薬会社にチャレンジした結果、念願の製薬会社から採用通知が届きました。

 

憧れだった製薬会社のMRとなり、業界にもなれてきた段階で、更にステップアップがしたいと思い転職を検討し始めた所、次に利用したのが、「パソナキャリア」です。

 

こちらに登録すると、「エージェント」という担当者がつき、転職活動をサポートしてくれました。

 

エージェントに、担当領域、勤務地、年収などの希望を伝え、条件に見合う会社を紹介してくれます。

 

紹介された企業に応募する際には、企業側にもこういった人材がいてどうですか?と調整をしてくれて、その際にこちらの希望も伝えてくれるので、面接に進んだ時に話が通りやすい状況を予め作ってもらえます。

 

サイトに登録し、エージェントと電話で打ち合わせをし、その1週間後には、ある外資系の製薬会社を紹介されました。

 

その後応募したい旨を伝え、すぐに面接の場が設けられ、無事内定を貰うことができました。

 

紹介された1社目で内定となり、トータルで1カ月で転職活動が終了。

 

エージェントを使うと、書類のやり取りではわからない「人となり、雰囲気」等を直接担当者側に伝えてくれるので、書類審査も通りやすいのではないかと感じました。

 

エージェントを使った場合も費用は無料です。転職サイトのエージェントは年俸の何割かが会社の売上になるので(3割ぐらいと聞きましたが・・・)なるべく高い年俸になるように交渉してくれます。

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

パソナキャリアではとてもいいエージェントに巡り合えましたが、中にはそうではない人もたくさん見てきました。

 

たまにリクナビに登録した履歴情報をみた、転職斡旋会社の担当者から連絡が来ます。

 

この会社で求人が出ていて、給料はこれくらい、勤務地は選べますがいかがですか?みたいな内容でメールを送ってきたり、いきなり携帯にかけてくる人もいるぐらいです。

 

やりとりをしていてまともな担当者も中にはいますが、頭のおかしい奴もかなりいました。

 

企業を紹介し、転職が決まれば報酬がもらえるので、こちらの希望はほとんど無視して、転職が成功しやすい会社、すぐに転職ができる会社など、あちらの都合で話を展開してくるので、悪質です。

 

なので信頼できるエージェントかどうかをまずは見極めることが重要です。

 

 

どの転職サイトを利用するか、どのエージェントに巡り合えるか、これによって転職活動は大きく変わってくると思います。

 

どちらも実際に利用してみて、仕事をしながら並行して転職活動ができるので、負担が減り、使わない手はありません。

 

転職活動を今すぐしたい人もなんとなくで考えている人も自分の選択肢を増やす行動はメリットになるはず。

 

転職サイトに登録する事で知らなかった業界の知識が増えたり、興味の幅も広がるので、とりあえず登録することから始めるのもいいのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村