人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

40歳で脱サラ、長野へ移住しスノボ中心の生活を再スタート。スノボに関して思う所を日々呟いています。

転職でキャリアアップは可能、年収250万→800万 年収を上げる転職とは?

 

年収を上げたい、今すぐ給料を増やしたい、一番早い対策は転職することです。私は13年間で6度転職し、年収を250万から800万に増やすことに成功しました。

 

転職でキャリアアップ、それに伴い年収を増やすことは可能です。

 

実際にどのように転職活動を行い、年収が増えていったのかを実体験を元にご紹介します。

 

  • 転職1 250万 25歳 リゾート施設運営
  • 転職2 在籍半年の為、カウント無し
  • 転職3 300万 27歳 製造メーカー(外食産業)
  • 転職4 500万 29歳 製薬会社
  • 転職5 650万 36歳 製薬会社
  • 転職6 800万 38歳 製薬会社

 

 

www.7down-8stand.com

 

転職1 250万 25歳 リゾート施設運営

 

大学を卒業後、フリーターとなりフラフラしていた時期を得て、リゾート施設に入社。

契約社員だということもあり、年収は300万に届かず、250万程度でした。

 

月に100時間を超える残業があるブラックな労働環境で250万。10年後が想像できないと思い転職を決意し1度目の転職活動がスタート。

 

当時はスマホも無い時代、パソコンから転職サイト大手のリクナビネクストに登録、並行しながら地元のハローワークで求人に応募することから始めました。

 

 

転職2 在籍半年の為、カウント無し

 

エステサロン運営会社が法人営業部門を立上げ、営業マンを募集するという求人をハローワークで発見。

 

  • 今までと全く違う環境に挑戦してみたい
  • 営業経験は無いが営業に興味がある
  • 新規に立ち上げる部門であれば個人の裁量の大きな仕事ができる

 

この3点から興味を持ち入社することに。

 

入社後仕事は順調でしたが、社長のワンマンぶりが激しすぎることが発覚。半年我慢しましたが、この会社に未来は無いと思い早々に退職しました。

 

そのため年収は計算できないので、ノーカウントとします。

 

 

転職3 300万 27歳 製造メーカー(外食産業)

 

製薬会社に勤めている大学の友人と結婚式で再会し、話をする中で、製薬会社のMRという仕事を始めて知りました。

 

MRとは、ざっくり言うと製薬会社の営業マンの事です。

 

外資系の製薬会社に勤める彼は同い年の27歳、大学を卒業して4、5年で年収は600万以上とのこと。自分の2倍以上の報酬を得ている事実に愕然としました。

 

大学時代はパチンコや競馬に行っていたギャンブル仲間、仕事に対してもそれ程ガツガツしているタイプではなく、ポイントを押さえた要領のいい営業マンタイプの彼。

 

そんな彼とわずか5年でこんなにステージが違っているとは・・・

 

自分も製薬会社で働いて、高い給料が欲しい。それだけの理由で製薬会社のMRに転職するというGOALを設定しました。

 

製薬会社は人気の職業で、新卒で入社すること自体が難しい状況。大学卒業後フリーターとなり、既に2社転職しているという自分の経歴を見ても、かなりハードルは高いです。

 

リクナビ経由で片っ端から製薬会社の求人に応募しますがどこも書類すら通らず。

 

そんな中で奇跡的にとある製薬会社1社から書類が通り面接まで進むことができました。

 

そこでの面接時に言われたことが「営業経験が足りない為、このままではどこの製薬会社にも転職はできないと思うよ」との一言でした。

 

今のままでは製薬会社に転職する事はできない・・・

 

現実を受け入れその為にはどうすればいいのかを考えた結果、「営業経験が足りないのであれば経験を積むしかない」ということでした。

 

一旦製薬会社は諦め、営業経験を積む事だけにターゲットを絞り転職活動を再開し、外食産業の設備製造メーカーに転職しました。

 

  • 小さいながらも業界では1,2を争う企業
  • 自社製造商品を販売しており営業の基礎から学べる
  • 繁盛店をオーナーと作っていくというコンサル的な仕事も幅広い知識が学べる

 

この3点から入社を決めました。

 

小さい会社の為、アットホームで先輩社員が厳しくも丁寧に営業とは何か?本質を学ぶことができました。

 

ここでの経験、外食産業の知識はその後にとても役に立ち、この会社への転職はターニングポイントとなりました。

 

 

転職4 500万 29歳 製薬会社

 

営業をしながらも転職活動は並行して続けていましたが、地元の新聞に製薬会社MR募集の求人を見つけました。

 

新聞の求人コーナーに小さく載っていた求人募集の記事、その記事を見逃していたらMRにはなれていなかったと思います。

 

その製薬会社は業界では下から数えたほうが早い、規模がとても小さな会社です。

 

MRを最小限にとどめ販売会社経由がメインだったのが、全国展開をするにあたり土地勘のある地元出身者を採用するという求人でした。

 

早速履歴書を送ると、書類が通り面接に進むことができました。

 

結果は合格。

 

小さいながらも製薬会社に転職ができ、MRになることができました。

 

製薬会社、MRという仕事を友人から教わりあれから2年、一旦は製造メーカーに転職し営業を学ぶという方針転換から1年、29歳、4度目の転職でようやくGOALとしていた製薬会社に転職する事ができました。

 

小さいながらも製薬会社のMR、年収は一気に500万までUP。

 

自分の能力はこの時点で何も変わっていないにもかかわらず、会社が変わるだけで年収が200万増える。

 

会社にいて年収を200万増やすまでにどれほどの年月がかかるのか?それを考えると転職するということはその年月を一気に飛び越えるだけの価値があると思います。

 

 

転職5 650万 36歳 製薬会社

 

憧れの製薬会社に入社し、MRとして一通り仕事をこなしていけるようになり、もっと大きな会社で仕事がしたいと、年収も今より増やしたいと思い今度は同じ業界の中での転職を考えるようになりました。

 

製薬会社は基本的に仕事のスタイルは同じで、扱う医薬品が違うだけなので業界内転職も活発に行われています。

 

自社医薬品にジェネリックが出たり、競合会社から新薬が出たりすると、その都度早期退職を募集したり、リストラが行われます。

 

その為、早期退職して退職金をガッツリ貰い別の製薬会社に移ることも普通で、他の業界とは転職のしやすさや頻度も違います。

 

キャリアアップを考え、

 

  • 業界大手の製薬会社
  • 年収UP
  • 新薬に携わる

 

この3点を目途に転職をすることに。

 

転職サイトに登録すると、転職を斡旋する会社から頻繁にメールが届きます。

 

その中でパソナキャリアのエージェントがサポートしてくださり、転職活動を進めていくことにしました。

 

 

詳しくはこちらの記事を参考 www.7down-8stand.com

 

 

エージェントから紹介された案件が自分の希望を全て満たすものだったので、応募の手続きを進めてもらうと、面接まで進むことができました。

 

エージェントがあらかじめこちらの希望条件を調整してくれた上での面接なので、アットホームな感じで、世間話が大半で拍子抜けしました。

 

最後に条件面の話となり、「年俸はいくらほしい?」とダイレクトに聞かれ、「前職で600万貰っていたので、650万を希望します」と話すと、一旦裏に行き、誰かと相談し戻ってくると「わかりました」とのこと。

 

勤務地についても、「今空いているエリアがこれです」と一覧表を見せてくれて、「ここから好きな所を選んでいいよ」とのこと。希望を言うと、それも「じゃあそこでOKです」と、年収も勤務地も全てこの場で要求通りに決まってしまいました。

 

外資系ってこんなノリ?ドラマのような展開に驚きつつ、無事に5度目の転職が決まりました。

 

 

転職6 800万 38歳 製薬会社

 

大手製薬会社に転職し、希望していた新薬の上市にも携わることができました。

 

しかしながら、36歳で650万。この製薬業界においてはかなり給料が安いのが現状です。

 

その為、年収を増やすことを目標に転職を行うことに。

 

とある転職斡旋会社から製薬会社の求人を紹介され、希望に近かったので応募しました。

 

こちらの希望は年収800万、それ以外の勤務地や領域は全て企業側にお任せで構わない、年収だけは譲れないとエージェントに伝え交渉してもらいました。

 

その結果、企業側から希望の年収800万でOKが出た為、面接に進みました。

 

今回は面接が1次、2次まであり時間はかかりましたが無事内定が出て、6度目の転職も成功。

 

希望の通り年収も800万となり、今回も満足のいく転職活動を終える事ができました。

 

 

25歳 250万でスタートした転職活動。

 

38歳 800万でGOALとなりました。

 

40歳でサラリーマンは引退すると決めていたので、6度目の転職が最後の転職となりました。

 

13年間で年収が550万UP。年間42万のベースアップとなります。

 

一般の企業で1年間に40万年収を増やせるチャンスは少ないですが、いかに転職する事で年収を効率的に増やせるのかが解ると思います。

 

しかしながら闇雲に、ただ漠然と転職を繰り返していても大幅に年収を増やすことは難しいです。

 

年収を増やすためにはどうすればいいか?

キャリアをUPさせる為に転職するにはどうすればいいのか?

 

年収、キャリアアップするというGOALを設定し、逆算して転職活動、日々の行動をし、今自分に何が足りないのかを客観的に見ることが求められます。

 

転職するにしても時間的な制限があります。

 

年齢が上がるにつれて転職のハードルや条件も変化し、20代から30代前半で転職をしていかないと厳しいと思います。

 

40代でキャリアアップ、大幅に年収を増やそうとするとそれなりの実績、マネジメント経験が求められる為、20代のポテンシャル採用とは違った難しさがあると思います。

 

 

転職活動を行う事、チャレンジする事は仕事を続けながらでもできますし、お金もかかりません。転職に成功すればキャリアアップ、年収も増える可能性が高くなります。

 

転職をするもしないも本人次第、現状に満足していないのであれば、チャレンジしてみる価値は高いのではないでしょうか。

 

 

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村