人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

40歳で脱サラ、長野へ移住しスノボ中心の生活を再スタート。スノボに関して思う所を日々呟いています。

「キングダム」好きにオススメ、「項羽と劉邦」「龍帥の翼」「三国志」「蒼天航路」

f:id:GORYU:20191217113229j:image

 

「キングダム」好きにオススメの歴史小説、司馬遼太郎「項羽と劉邦」、漫画版「龍帥の翼」「三国志」「蒼天航路」

 

キングダム最新刊 59 9月18日発売

 

「キングダム」が好きで読んでいる読者にオススメの小説と漫画があります。

 

  • 項羽と劉邦
  • 龍帥の翼
  • 三国志
  • 蒼天航路

 

「キングダム」で秦の始皇帝となった「政」が中華統一を図りますが、始皇帝の圧政の耐え兼ねた民衆が各地で反乱を起こし、再度中国は乱れていきます。

 

その中国を統一していく物語が、「項羽と劉邦」です。

 

「項羽と劉邦」を漫画にしたのが「龍帥の翼」です。時代背景も同じで、小説と内容がリンクしているので、小説が苦手な方は、こちらをオススメします。

 

「蒼天航路」は「キングダム」で描かれていた時代より約400年後の「後漢時代」、三國志でおなじみの「曹操」を主人公にした三國志の漫画版と言えます。

 

 

それでは、それぞれの見所をご紹介していきます。

 

 

「 項羽と劉邦」

楚漢戦争を舞台に、武力で秦を滅ぼした楚の項羽と、人柄だけで漢帝国を興した劉邦の対立を描いた物語です。

  

時代背景としては、後の始皇帝となる政が中華統一を果たすというストーリー「キングダム」に描かれている時代のすぐ後になります。

 

史実では、始皇帝の死後、宦官趙高の裏切りによって子孫は殺され、国は崩壊し、項羽に滅ぼされてしまいます

  

その項羽と、一緒に戦ってきた劉邦が最終的には敵味方に分かれ、最後に劉邦が勝ち、漢帝国の高祖となります。

  

武力をもって、逆らうものは全て殺すという残虐な項羽と、戦に出れば負けてばかり、知恵も工夫も何のとりえも無いが、自然と人が集まり、周りの部下の助言通りに動いた劉邦。

  

特徴のある性格の二人が対比されて描かれていて、弱い劉邦がどのようにして項羽に勝つことができたのか、全3巻でちょうどいいボリュームで読みやすかったです。

  

個人的には、韓信のその後がどうなったのかまで読みたかったのですが・・・

  

大好きな司馬遼太郎の作品の一つです。

 

 

その「項羽と劉邦」の内容をマンガにしたのが、

 

 

「龍帥の翼」(りゅうすいのつばさ)

 

 

 

 作者は「修羅の門」、「修羅の刻」で有名な川原正敏

  

小説の項羽と劉邦とは違い、劉邦の軍師として活躍した張良を主人公として、張良の視点からの項羽と劉邦を描いた内容となっています。

  

内容としては、小説版に出てくることとリンクしているので、小説版を読んでマンガを読むと、文字が絵になっているので、とてもわかりやすく、司馬遼太郎の項羽と劉邦が好きな方はハマると思います。

 

現在16巻まで発売されており、小説で言うと、「黥布」を「項羽」から寝返らせ、「劉邦」の味方にする所までが描かれています。

 

 北方権三 歴史小説 水滸伝シリーズ 

www.7down-8stand.com

 

 

「蒼天航路」 

 

 

 

  単行本全36巻、漫画自体は連載を終えて完結しています。

 

三國志時代を背景に、悪逆非道の悪者としての印象が強い「曹操」を主人公として、幼少期から描かれています。

 

小説では、北方権三の「三国志(全13巻)」を読んでいたので、「蒼天航路」は小説とは大筋のストーリーは踏襲していますが、脚色が多く、ファンタジー要素が強い作品だと感じました。

 

 

 

 

 

 

史実で起こった「曹操」の失敗や非道さがあまり描かれておらず、劣勢で勝つのが難しいような戦の場面でも、「曹操」の戦略で簡単に勝利してしまったりするような場面が多く、面白いんだけど、そこは詳細に描いてほしかったなという点はたくさんでてきます。

 

個人的には、「劉備」の家族が人質にとられた為、「関羽」が「曹操」の元へ下るのですが、「17巻」でいきなり「劉備」の元へ戻っている場面があります。

 

北方権三の「三国志」ではこの辺りを熱く描かれているので期待していたのですが、このくだりの描写が無く、かなり残念でした。

 

また、「16巻」で幼少期からの盟友でもある「袁紹」を倒しますが、ここも意味の分からないまま、ファンタジーに倒してしまっている所も腑に落ちない所ですが・・・

 

作者は「衝撃のネオ三國志」とキャッチコピーをつけているぐらいなので、そういった感覚で読まなければならないとは思いますが、ファンタジー要素が強いのも事実です。

 

とはいえ、面白いので何度も読み返してしまうのですが・・・

 

 「麒麟くる」あわせて読みたい「国盗り物語」・「信長を殺した男」

www.7down-8stand.com

 

 

 

  • 司馬遼太郎 歴史小説「項羽と劉邦」

  • 漫画「龍帥の翼」

 

  • 北方権三 歴史小説「三国志」

  • 漫画「蒼天航路」

 

 同じ背景の歴史小説、漫画を合わせて読むとより深く、詳細まで理解することができ、かなり物語を楽しめると思いますので、オススメです。

 

にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村