Web Analytics Made Easy - StatCounter

スノボ・SUP・起業ブログ

脱サラ・移住から3年、スノボとSUPで起業中

2023 BURTON・バインディング、価格・種類 ラインナップについて

BURTON ジェネシスEST

スノーボード・バインディングの買替を検討中、BURTONで考えているので、2023シーズンのラインナップと共にご紹介します。

 

https://www.burton.com/jp/ja/c/mens-snowboard-bindings

 

  • X                   ¥68,200 EST
  • ジェネシス   ¥55,000 Re:Flex・EST
  • マラビータ   ¥50,600 Re:Flex・EST
  • カーテル X    ¥46,200 Re:Flex・EST
  • カーテル       ¥40,700    Re:Flex・EST
  • ミッション      ¥36,300    Re:Flex
  • フリースタイル ¥19,800    Re:Flex

 

  • Step On®       ¥36,300 Re:Flex 
  • Step On® ジェネシス ¥55,000 Re:Flex 

 

  • ヒッチハイカー スプリット ¥68,200

 

Re:FlexとESTの2種類を販売しているブランドもあれば、どちらかのみの販売とラインナップも違います。

 

www.7down-8stand.com

 

 

Re:Flex

 

Re:Flexは他のメーカー同様の通常バインです。

 

BURTONの板には2本のビスで使用しますが、他メーカーの板には付属の4本ビスのプレートを付ける事で使用する事ができます。

BURTON リフレックス

 

EST

 

ESTはBURTON独自の形状の為、BURTONの板にしか取り付ける事ができません。

 

BURTONの板には、2本の線が入った「The Channel®」と呼ばれるシステムを搭載しています。

 

この線に沿ってバインを合わせる事で、スタンス幅や角度を細く調整することができます。

BURTON EST

Re:FlexとEST

 

Re:FlexとESTのどちらも使用していますが、それぞれの感想です。

 

Re:Flex:ブーツとバインがしっかり固定され、足裏の力がダイレクトに伝わり、高速域や荒れ地でも安定して滑る事ができる。

 

EST:硬いベースプレートがなくバイン自体がしなる為、板のトーションが利きやすく、反応が早く、板の操作がしやすい。

 

あくまでも個人的な感想ですが、滑ってみると全く別物で、Re:Flexは硬く、ESTは動くといったイメージです。

 

バインの取付や調整は圧倒的にESTがラクで簡単です。

 

リフレックスの場合はベースプレーの上にあるカバー(けっこう硬くて開けにくい)を上に持ち上げる必要がありますが、ESTはそのままドライバーでビスを回すことができます。

 

 

www.7down-8stand.com

 

 

現在はジェネシスRe:Flexを使用していますが、買替候補として考えているのは、

 

  • ジェネシス   ¥55,000 EST
  • カーテル       ¥40,700 EST

 

現在使用しているバインはジェネシスのリフレックスです。

 

 

 

 

今シーズンはバックカントリーを中心に滑る予定なので、圧雪されていない荒れた斜面や起伏のある地形に対応できるよう、素早い反応ができるESTを考えています。

 

その上で、使っていて調子がいいジェネシス、15,000円安くコスパのいいカーテルのどちかを購入予定です。

 

 

 

 

www.7down-8stand.com

 

www.7down-8stand.com

 

www.7down-8stand.com

 

www.7down-8stand.com

 

www.7down-8stand.com

 

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村