人生、七転八起  ~仕事を辞め、田舎へ移住。スノボをメインに人生リスタート!~

スキー場に勤めていた経験から、スノボに関して日々呟いています。

タイ・バンコク、一人旅初心者でも安全に楽しめてオススメ!その理由とは。

f:id:GORYU:20191203164853j:plain

バンコク

 

サラリーマン時代、長期休みが取れるのは年に3回。

 

年末年始はスノボ旅行に充てていた為、ゴールデンウイークかお盆休みのどちらかで海外に行っていました。

 

30代前半はヨーロッパに興味があったので、イタリア、フランス、ドイツ、アメリカなどへ行っていましたが、30代後半になると、長時間のフライトに耐えられなくなり、近場のアジアへ行く事が増えました。

 

 

アジアの中でも6時間で行けて、非日常を味わえるタイのバンコクが特に好きで、7回訪問しました。

 

 

最初バンコクへ行ったのは大学2年生の時、サークルの仲間男4人で行きました。

 

それ以降は全て、男の一人旅ですが、

 

 

バンコクは一人旅初心者が最初に訪れるべき街

 

 

だと思います。

 

 

その理由としては、

 

  1. 治安が良くて、一人旅でも安全
  2. タイ語が話せなくても 英語で通じる
  3. BTSや地下鉄での移動が楽
  4. 物価が安い
  5. 飯が美味い
  6. 日本から6時間で非日常・アジアを満喫できる
 
 

  タイ・プーケット 超高級ホテル「トリサラ」に泊まった感想はこちら 

www.7down-8stand.com

 

 

 
1.治安が良くて、一人旅でも安全

タイは何年かおきにクーデターが起きて、空港が閉鎖されたニュースなどが流れますが、基本的には治安が良く安全な国だと思います。
 
私は7回タイを訪問していますが、一度もスリや犯罪に巻き込まれた事がありません。
 
バンコクの中心部であれば、夜中でもたくさんの人が歩いており、男の一人旅であれば特に危険に感じることもありません。
 
 
 
2.タイ語が話せなくても 英語で通じる
 
ホテルのチェックインは英語が話せるスタッフが対応するので、英語の単語のやり取りで問題ないと思います。
 
話せなかったとしても、印刷した予約の紙(バウチャー)を見せればそれだけで大丈夫でした。
 
タクシーの運転手は英語では伝わりませんが、行先を地図にマークして見せたり、ホテルの名前を伝えたり、グーグルマップで道順を追って伝えるなどすれば今まで何の問題も無く利用できています。
 
 
 
3.BTSや地下鉄での移動が楽
 
BTSと呼ばれる高架鉄道スカイトレインと、地下鉄が交差しているので、非常に便利で目的地まで簡単に移動できます。
 
タクシーは渋滞で進みが遅い時もありますが、安いのでまったり移動したい時、少しでも暑い外を歩きたくない時は便利です。
 
タクシーもボッタクリにあったことも無く、メーターも動いており安全ですが、運転は粗く、高速で150キロ出された時は恐怖でした。
 
トゥクトゥクは乗る前に料金を相談して決めますが、たいていありえない金額を提示されるので、そのまま乗ることはやめましょう。
 
交渉ありきの値段なので、必ず値切れますし、折り合いがつかなければ次のを探すぐらいの感じで交渉した方がいいと思います。
 
 
 
4. 物価が安い
 
1バーツ:3.6円
 
ミネラルウォーター 15バーツ 50円
フードコートでカオマンガイが 30バーツ 100円
タクシー 35バーツ 120円
 
 
いつも使っている「SKY TICKET」で年末年始の便を検索すると
 
 
 

 
 
 
2019年12月28日発、1月1日着、エアアジア、成田―バンコク往復
 
83,204円です。
 
 
年末年始の時期でもこの値段で行くことができます。
 
 
もう少し早い平日で検索すると、
 
2019年12月16日発、12月20日着 スクート、成田ーバンコク往復でなんと、
 
16,322円!
 
国内便より安い!
 
  
ホテルもピンキリで、3,000円ぐらいでもシャワー付きのホテルに泊まれるので、3泊4日で60,000万円で行くことも可能です。
 
 
 
 5.飯が美味い
 
私は海鮮系が苦手で、生魚や貝類など食べられないのですが、そんな私でも楽しめる料理がタイ料理です。
 
ガパオ、カオマンガイ、パッタイ、チャーハン、チキンなど、日本でもお馴染みの料理が多く、火を通しているので衛生的にも安心で、かつ味も美味しいです。
 
フードコートの30バーツ、100円ぐらいのカオマンガイでも本格的な味を楽しめるので、タイ料理だけを目的にしてもいいぐらいです。
 

 

 

6.日本から6時間で非日常・アジアを満喫できる
 
 日本から4時間で台湾、マカオぐらいまでは行けますが、個人的に「アジア感」が弱く物足りません。

 

タイはマカオから2時間進んだ距離にありますが、非常に「アジア感」が強いため、「非日常」を満喫できます。
 
台湾、マカオは中華圏の雰囲気が強く残っていますが、タイは気候、風土、人の様子に南国の雰囲気が強くでていて、旅に来たなと強く感じられます。
 
 
 
 海外に一人旅をしていると話すと、
 
「一人で寂しくない?」
 
「一人で何するの?」
 
「一人で危険な目に合わない?」
 
等とよく言われました。
 
 
そういった事を言う人間は大抵、会社の中でも人とつるんでいないと不安で、仕事も指示待ちのタイプが多いように感じてしまいます。(超個人的意見)
 
 
一人旅は、全て自分で判断し、責任を負うので、ホテルがショボかった、料理がまずかった、財布を落としたとしても全て自分がしたことなので納得できます。
 
 
人のせいにする方法が無いので、自分で納得するしかなく、次回は間違いを起こさないようメモに取り、反省し、次に活かす事ができるので、自分には合っています。
 
 
旅の間は現地の人以外誰とも話さないので、自分と向き合う時間が多く、日本にいたら普段考えないようなことまで考えたり、新しい気付きもあります。
 
 
まとめて小説を読んだり、昼間からプールでビールを飲んだり、ホテルでまったりするだけでも癒されます。
 

  歴史長編 北方権三 水滸伝三部作の紹介はこちら 

 
 
初の一人旅はバンコクでしたが、一人旅を経験した後は、何人かでの旅行、見知らぬ人とのツアー旅行なんて行く気が起きなくなり、それ以降全て一人旅をしています。
 
 
みんなで行くワイワイ旅行もいいですが、一度一人旅を経験してみてほしいと思います。
 
 
これから年末年始にかけて旅行のスケジュールを検討している人、一人旅、一人旅のしやすいタイ・バンコク 非常にオススメです!
 
 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村